浄土真宗の葬儀のマナーについて

葬儀のマナーは宗教・宗派によっても異なるのです

悲しい別れがあると、葬儀に参列することもあるかと思いますが、実は葬儀というのはすべての方が同じではないのだということを知っておく必要もあります。
とはいえ悲しい別れというのは本当に突然やってきてしまうことが多いので、皆さんが冷静に事前にどのように参列したらよいかということを調べてから参列するということは難しいでしょう。
特に特徴的な違いがある「浄土真宗の葬儀のマナー」についてご説明したいと思います。

浄土真宗の葬儀のマナーについて

浄土真宗では、10ある浄土真宗各派によっても供物の備え方などに微妙な違いがありますが、他の宗派ともっとも大きく異なるのが、「葬儀についての感が方」といえるでしょう。
他の宗派では「死者のための供養」を行うのが葬儀とありますが、浄土真宗では往生即身仏という考え方のため、人がなくなるとすぐに極楽浄土に迎えられる、ということから「冥福を祈る」「草葉の陰から」「お祈り~」という文言を使用して弔辞や弔電で表現するということが禁じられているのだそうです。

また焼香の際にも、押し頂くことはせずすぐに抹香を香炉へ、というのもマナーとなっています。
参列するだけではなく遺族として送り出す際には心も落ち着かない時期、葬儀社へいろいろと教えてもらうこともできますから、確認しておくと安心です。

最新記事